肩こりのストレスから解放

肩こりの悩み

肩こりについて私自身の考えをお話したいと思います。そもそも、肩こりの原因は大体はみなさんご存じですよね?一般的に言われているのは肩の血流が不足していたり、疲れ目や姿勢の悪さなど言われていますよね?私なりの考えですが、肩こりは現代病の一つではないでしょうか?

 

なぜ、そのように考えるのかと言うとこの世の中便利にはなってはいるのですが、デジタル社会が普及しているのも要因ではないかと感じます。便利な世の中になってはきていますが、パソコンや携帯の長時間使用による疲れ目、普段仕事をしていると疲れている時に必ず、肩や首などこっていたりしますよね。私は、やはり長時間のパソコンの使用や携帯の使用が多い為、よく肩こりには悩まされます。

 

オリジナルかどうかはわかりませんが、私の肩こり予防は初めにする事は、背中を伸ばすことです。初めにこれを行うと少しは楽にはなると思いますが、ここから、さらに私は首を回すことです。だいたいは、これをすればよくはなります。ただ、なかなか肩こりがひどいとなれば整体やマッサージを行うのも一つの手です。世帯対やマッサージは私はあくまでも最終手段だと思います。

 

日常生活でもまだまだ、肩こりをほぐすことはあると思っております。次に私が行うとすればお風呂の時に行うことです。半身浴とはいかないのですが、肩までつかり、ゆったりとした気持ちで入ります。その後は、簡単なストレッチを行うことでゆったりとします。

 

最近になって肩こり解消以外にも少しだけハマっていることがあります。

 

それは・・・献血です。
何か社会貢献を実施しようと思い、献血に興味を持ったのです。
※友人が献血ルームに転職したということもあり、それがきっかけになったというのもありますが・・・

 

献血ができる場所は色々とあるのですが、一般的なのは献血バスや献血ルームですかね。
私の地域では献血バスがあまりこないので、献血ルームに通っています。(まだ一回ですが・・・)

 

みなさんも興味があれば、是非調べてみてください。

 

2013年9月25日追記です。

 

友人が献血ルームに就職したのですが、あまり状況はよくないようです。

 

そこで献血ルームの離職率について調べてみました。
皆さんは、この血液センターの離職率についてはどのような形だと思いますか?

 

私も、離職率については知りませんでした。
私は、血液センターの離職率は低いのではないかと思います。
想像にはなるのですが、給料が多いため、職場に残っている人が多そうです。

 

やはり離職率については低いなのかもしれないのですが、一番は人間関係で辞めてしまう事があるのではないのでしょうか?で
すが、この血液センターの離職率についてもし、分かる方がいれば教えて頂きたいと思います。

 

私自身も、この血液センターの事についてはまだまだ知らない事があるので少しづつ調べていければ良いのではないかと思います。